つづき・・・

中3の時、チコが死んだ・・・

つぎは柴犬を飼った。なんでその子がうちへ来る事になったかは分からないが?
小さなコロコロした子犬で名前は「ちび」なんて安易な名前・・・^^;
身軽でフットワークがよかった。うちに来た日、玄関の中で寝かそうとしたら一人ぼっちでクンクンと鳴くので
玄関上がったところに毛布を持っていって一緒に寝たっけなあ・・・

この後は私が高校を卒業して遠くへ行ってしまい、嫁に行ってしまったので一緒に過ごす時間は短かった。
途中で小屋を変えたらそのストレスで毛が抜けたり、ボケてしまったり。
ボケると昼と夜が逆転したり。目も白内障になり最後は見えてなかったみたい。
と、何だか最後はちょっと大変だったよう。

結婚して、子供が産まれて落着いてから飼った犬はダルメシアン。
前にも書いたことあるけど・・・ほんと101に出てくるぬいぐるみみたいな子犬がうちにやってきた。
早くに親と離したからかクル病にかかってしまい、足が湾曲してきて焦った^^;
薬とミルクと太陽の力でそれもすぐに治ったけど。
この犬とはたくさんの思い出があるのと、もっとこうしてあげれば・・・という後悔がたっくさんある。
このパディのことは書くと泣けてくるから・・・
そのダルメシアンとちょことだけ重なるのが今のダックス。
仕事場の山に捨てられていた犬。
何日も山の中を歩いていたようで、肉球からは血が出て、ガリガリに痩せ、体中ダニに刺されてたかられて・・・
あまりに可愛そうで涙がでた。首には噛みちぎった跡があるビニール紐がついていた。
抱かれているのが好きなのか、そう育ったのか・・・何時間でも抱かれている。
今でこそ子供たちに遊ばれて騒がしいが、来たときは大人しく静かであまり吠えなかった。
あ~もしかしたらお年寄りに飼われていたのかな・・・って思ったほど。

これまでも、これからも犬とともに歩いていきそうな予感。
子供が離れて一人になったらラブラドールを飼ってみたいな・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント